ジャーナリズムとの違い

前に「日本語で書いてみる」と宣言してみたのはもちろん日本語の分かる一般のオーディエンスを意識して練習するためなのだけれど。最近ジャーナリスト(ノンフィクション作家)の作品を読みつつ、やっぱり違和感を覚える今日この頃。

たとえば、少し古いが加藤邦彦氏の『一視同仁の果て』や林えいだい氏の『証言台湾高砂族義勇隊』を読むとする。加藤氏は1935年に高雄で生まれており、林氏は在日韓国人という個人的なバックグラウンドもあってか、著者の際立った情熱を感じるし、生き証人との対話の中で、私と同じように「これは書かなくてはならない」という衝動があったことが見て取れる。ジャーナリストとしては一流の仕事だとは思う。でも、ナレイティブが終始一貫しすぎて、それ自体がなんだか現実的じゃないような気がするのだ。

「ナレイティブ」と簡単に言ってしまったが、これこそ歴史家のbuzz word。政治学から転向した時に「歴史学部の学生ってやったらnarrativeって言うよな〜」と思った。中々うまく定義できないけれども試してみよう。歴史とは、過去に起こったことの物語、と平たく言うとして、やたらめったら史実を書いて物語になるわけでなし、話の筋というか、なぜこの部分の史実とあの部分の史実をつなげる必要があるのか、自分で決めなくてはならない。大抵は自分が証明したいことのために因果関係を追って物語を書く。その話の筋が「ナレイティブ」。植民地史ともなればそりゃもう色々なナレイティブが交錯するーーひたすら搾取の50年だった、というナレイティブ。帝国主義が近代インフラをもたらした、というナレイティブ。帝国主義の名を借りて資本家が一般人を搾取したんだ、というナレイティブ。台湾人はそれでもしたたかに生きた、というナレイティブ。女性は男性よりも虐げられた、いや、逆に解放された、というナレイティブ。日本時代は台湾社会を根本的に変容させた、というナレイティブ。いや、日本統治は結局台湾社会をちっとも変えなかった、というナレイティブ…。切りがないのでこの辺でやめよう。とにかく、ナレイティブなしには歴史は語れないし、自分の独自性や信念をさらけ出すことになるので、歴史学者はこれに非常に敏感なのだ。

上記の作品を含めて多くのジャーナリズムは、ナレイティブをシンプルにしなければ読者が混乱するし、メッセージが伝わらない、という制限を(本人たちは知ってか知らずか)抱えていると思う。例えば、『一視同仁の果て』は日本帝国政府が加害者で、軍夫として徴用され片腕と片目を失った台湾男性を被害者とする。どこからどう見ても、この加害被害関係は明らかだし、「戦争と帝国動員のせいで悲劇を被った可哀想な植民地青年」というナレイティブは説得力がある。ただ、おや?と思う点を、この大きなナレイティブのせいで無視することになる。当時、恋愛結婚は社会規範に反していたけれども、それを無視して好きな人と結婚した、と語る男性。まるでこの「社会規範」は帝国主義の一部のように語っているが、当時日本統治者が散々「聘金制度撲滅!」「自由結婚推進!」と叫んだことを利用したのではなかっただろうか。また、このナレイティブ内では搾取されていると感じ続けた彼が、なぜ日本の敗戦に涙を流して悲しんだのか。というように、疑う余地のない大筋のナレイティブの中でも複雑極まりない要素が色々とあるのだ。歴史家としては、というか私個人的に、こういう簡単には説明できない心理や現象に心惹かれるので、シンプル且つパワフルなナレイティブに必ず疑問を挟んでしまう。一筋縄で説明できないのが人生だと思うから。

実はジャーナリストだけではなくて、オーラル・ヒストリーをする際にもこういうパワフルなナレイティブと複雑な史実の間に立つ問題があるのだが、それはまた次回。

Category(s): 日記(日本語), History

3 Responses to ジャーナリズムとの違い

  1. ナラティヴという概念が支配的なのは精神医療の世界も、です。これは精神分析の父フロイドがユダヤ人であったことと、世界の「自我」の発見の時期と、ユダヤ人の受難とその後の処理の時期が全て絶妙に重なったため等々偶然ではないのです。つまり、個々人の過去と記憶をどう処理するかを具体的に導いて、今日のポップ心理学、やAAコミュニティ(中毒治療界)まで浸透したフロイドの最も初期に引っかかった点が、人間の認知は情報を処理する時に必ずナラティヴを用いている点。

    フロイドがそもそも神経科の研究の延長として初期の精神分析研究をしていたときに、人間の精神的組織に、ナラティヴを引き出すこと以外ではどうしても治癒しない部分が人間に残っていることをを発見して、「物語から逃れようとすればするほど、物語研究的になってしまう」というジレンマを初期の段階に述べていた筈。ちなみにフロイドが物語研究に抵抗したかった理由は、当時のユダヤ人差別を乗り越えるために、あくまでも「科学」で成功したかったからで、物語、は当時の学会で市民権を得るには価額的価値に至るとは考えられていなかった、ということでしょうか。

    ちなみにジャーナリズムについて私も遅まきながら考えていると、星野博美氏の「転がる香港に苔は生えない」と「謝々、チャイニーズ!」という二作に当たったのは幸運でした。これらはすでに過去となった90年代の中国と香港についての「ジャーナリズム」なのですが、そもそも写真家であった星野氏の取材の手法は、とにかく人一人ひとりに会って話を聞くこと、に尽きることに、これらの作品の圧巻の勝利が。是非ご一読を。

  2. 価額的、は科学的、の誤りです。

  3. Chymaさん、コメントありがとうございます。「人間の精神的組織に、ナラティヴを引き出すこと以外ではどうしても治癒しない部分が人間に残っていることを発見」という点に妙に納得しました。星野氏の作品も読んでみたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *