Category Archives: Languages

電子辞書についてモノ申す

英語、フランス語、中国語、韓国語と語学の勉強を続けてきた、そしてこれからも増えていくと思われる私にとって、電子辞書というのは、もはや欠かせない小道具になってしまった。電子辞書に関しては、私、古今東西カシオ-Ex-Word-Seriesと決めている。しかしこうやってどんどん言語が増えていき、また使い方というのも決まってくるので、どうしても一般的な電子辞書の進化の形では、満足できなくなってきた。 たとえば、私がこの6月に買ったEx-Word, XD-SP7600。タッチパネルになったのはお利口だし、韓国語が最初から入っているのは数少ないので仕方がないが、使いにくい。以下、カシオの皆さんの目に留まることを願って、詳しく文句と提案をしたいと思う。 文句1.新規検索ページに行くためのボタンを統一しろ。 このキーボード部分の上部にある辞書選択ボタン列の部分。今は一つのボタンにつき、2種類の辞書が設定されていて、押すごとにその2種類が交互に現れる。ここ、一つのボタンには一つの辞書ということにしてもらわないと困る。何故かというと、ある単語をただスペルの確認の為に引く時などは一々「決定」など押さないで、見出しだけ見て、すぐ次に行きたい。昔のEx-wordは各ボタンにつき一つの辞書だったので、それさえ押せば新規検索ページに行けたのに、今度は2種類の辞書の間をスイッチしてしまうだけなので、「戻る」を押さなくてはならない。しかし、逆に見出しから「決定」を押して単語の意味を見ている時、癖で「戻る」と押すと見出しページに戻ることになり、新規検索ページに行ったつもりで手早く次の単語を入力し始めてしまい、何度無駄になったことか。つまり、見出しページだろうが、各語彙のページだろうが、どこからでも新規検索にすばやく戻れるようにして欲しい。 文句2.使わない辞書が多すぎる。 なぜ同じような内容の韓日辞書が2種類も入っているのか。なぜ広辞苑じゃなく、明鏡なのか。 要らないもの: ー複数アルファベット/複数ひらがな検索 ー音声機能 ーひとこと会話系辞典 ー世界の料理等トラベル系 ーワイン、サプリメント系の辞典 ーパソコン用語。。。 などなど、使わないものが多々ある。逆に、多言語を学んでいる場合はわざわざカードを購入して入力しなくてはいけない。つまり、3万円以上払っておいて、既成の半分以上のものは使えない、自分にとって便利にするには、お金だけでなく、カードを買うなど色々面倒な作業が必要になる、それだけ作業が増えれば、不良品、故障や紛失など面倒なことが起こる可能性が高くなる。分かるでしょうか、この「不合理」な感覚が。 というわけで、どうしても実現して欲しいのが、インターネットで、オーダーメイドできる電子辞書。まずナビゲーションの元となる言語を選択して、どの言語間だけでなく、どの辞書を入れたいのかを選択できるようにする。値段は辞典の数で決めてもいいし、各辞典で値段が違ってもいいし。できれば機能も選択できると便利だ。音声が必要かどうか、カラーがいいか、など。自分の好きな電子辞書が造れるんだったら、500ドルくらいは出してもいい。 なんならiPhoneやiPod Touchのアプリケーションとしてあっても便利だなあ。 カシオじゃなくてもいいけど、もう一つ欲しいのが、デジカメ+メモ機能。本屋などで、買いたくはないが、タイトルと著者などを記録しておきたいシリーズなどよく写真にとるが、その時や資料館などで、各写真に一言つけられると、随分リサーチがしやすいんだけどな。

Posted in Japan, Languages, My Grad School Life

まだまだ続くよ どこまでも。

言語は道具だから、本来の目的を果たすための活動のほうが重要だ。でも若いうちにやっておかなければ、あとでやりたくても中々勉強できないので、今踏ん張ってやってしまうべき、というのも本当だ。語学はけっこうやってきた方なんだけれども、まだ足りない部分があって、それと学業を効率的に同時進行するために、計画を立てなくてはならない。 (ただ今特訓中の)韓国語:来年の夏まではLanguage Exchange及び自己学習で、少なくとも現状維持するべし。来年の夏、再びソウルにて一日2、3時間ほどのone-on-oneの授業及び大学聴講で鍛えるべし。 (昔上手だった)中国語:今やっても仕方ないので、Dissertation Researchに入る直前に3ヶ月再度ICLPにお世話になろう。 (学部で必要な)フランス語:今年より一年授業とろう。 (グラムシとファシズム研究を読みたいが為の)イタリア語:いつそんな時間ができるんだ? というわけで、今後もまだまだ続くのである。

Posted in Languages

Dialects or Other Languages

My friend from GW’s poli sci department, Enze, is spending the summer in Kunming, China. He is doing exploratory research to figure out his dissertation topic there. He has some interesting stories on his blog here. (He has another blog … Continue reading

Posted in (Anti) Nationalism, China, Languages